岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

 
 
細かい仕事もお任せください
 
 
完全自由設計の新築/リフォーム
間取りにこだわった木の新築デザイン住宅
四季の家工房のスタッフは全員が大工を経験しています。その大工経験者が現場の視点で造る、住む人がずっと満足し続ける家…これが、四季の家工房がたどり着いた「家づくり」の答えです。
>> 本当に「いい家」ってどんな家?
四季便り
2017.09.19
舟橋楽器資料館「小野さんが好きそうなとこ見つけたよ〜」というご案内をいただいて、行ってきたのがココ…「舟橋楽器資料館」です。どういうところかというと文字通り楽器の資料館で、展示されているのは世界各地の伝統的な民族楽器なのですが、その数がモノスゴイ!しかも、ここにある楽器のすべてが館長さんが自ら足を運んで収集した、個人のコレクションだと言うから驚きです。

こんなコアでカルトな異空間が普段の仕事で走り回っているエリアにあるとは…全然知らなかった!音楽好きな僕がこんな反応をするだろう…という事を見越した上でこの情報をくれた友人は、何倍も輪をかけた音楽バカなのです。

さて、館内はと言うと、僕が行った時には他の見学者も見かけず、チケットカウンターも無人だし、エントランスのあちこちに梱包材やら壊れた古い楽器が雑然と置かれていて、し〜んと静まり返っていて物音もしないし、なんだか時が止まているような妙な雰囲気でした。「えっ?ここ、やってるの??」と言うのが正直な第一印象です。

一旦は出ようかとさえ思ったのですが、せっかく来たのだから一応確かめてみないと…という事で大声で案内を乞うと、奥から品の良いおばあさんが出てみえて、無事入館料を払って展示室に入ることができました。で、展示室の中に入って、あぁびっくり!ショーケースの中には珍しい楽器が折り重なるように、まさに所狭しと並べられていて、陳列と言うよりもパズルのように詰め込んだと言う方がイメージが伝わるのではないかと思います。

まずはその数の多さに圧倒されて一つひとつの楽器に目がいかず、ちょっとした思考停止状態に陥ります。「どこから、どう見たら良いのか、さっぱりわからん」…思考は停止しているのですが、「なんでこんなところに!」「こんなモノが!」「こんなにもたくさん!」と、感動と言うか興奮と言うか、訳の分からない高揚感が湧いてくるのです。

ようやく少し落ち着いたところで一つひとつの楽器に意識が行くようになると、見覚えのある楽器や音楽として聴いたことがある楽器に目が止まるようになります。そして少しづつ目をずらしていくと、同じような楽器が国境を越えたり海を渡ったりしながら、少しづつ形が変化していく様が手に取るように見えてきたり、ひとつの地域で歴史と言う軸に沿っての変化が見えてきたり…水平方向にも垂直方向にも実に奥の深いコレクションである事がわかります。

すっかり感心しているところに館長さんの登場です。すべての展示品はこの館長さんが旅をしながらご自分で収集したとのことで、その楽器を手に入れた時の苦労話や紋様や様式の系統など、この人でなくてはわからないディープなお話をしてくれるのです。中にはゲリラが出没するような危険な国境の川を楽器を満載した小舟で渡った冒険話とか、ご自身も三味線を演奏しながら旅をして民族音楽のミュージシャン達と交流した話とか、僕自身もかなりの旅を経験しているので雰囲気が手に取るようにわかるのです。

御年80歳を超えた現在はさすがに旅に出ることはなくなったそうですが、まだまだお元気でこうして来場者と直接お話をすることが何よりの楽しみとのことです。難点としては、話に華が咲いてしまうと展示物の前から一歩も動かなくなってしまうので、すべての展示を見るにはものすご〜く時間がかかりそうです。僕も別の予定があったので「ほんの1時間くらい」のつもりで入場したのですが、大幅にオーバーして3時間弱の滞在…それでも、くまなく見るには全然時間が足りませんでした。

僕が「道楽で楽器を作ったり、レストアしたりしてるんです」と言うと、じゃあついでにここも見せてあげよう…という事で修理を待つ楽器をストックしている部屋を見せてくれましたが、なんとここだけでも千点からの楽器があるそうです!

最後にエントランスの横の喫茶コーナーで、先ほど入場券をちぎってくれた奥様がコーヒーを淹れてくれました。この喫茶コーナーは現在楽器のリペアルームのようになっているのですが、カウンターやテーブルのしつらえはまさに喫茶店のそれです。入館した時の印象ではなんか埃っぽくてガラクタだらけの雑然とした空間で、とてもではないけどコーヒーを飲みに入るような気にもならなかったけど、一回りして館長さんのお話も聞いた後だと逆に居心地の良い空間に感じてしまうのです。

舟橋楽器資料館のホームページ

音楽好き、楽器好き、アンティーク好き、旅好き…そんな人にはお奨めです。日本の三味線や琵琶なんかのルーツも、ここに行けばわかっちゃいますよ。
  小野  
>> これまでの日記はこちら
 
更新履歴
2017/08/19 四季便りを更新しました。
2017/08/12 四季便りを更新しました。
2017/08/08 四季便りを更新しました。
2017/08/06 四季便りを更新しました。
>> 今までの更新履歴はこちら
 
 
 
完全自由設計の新築/リフォーム
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net