岐阜と愛知で一生愛着の持てる家を自由に建てる!
大工と造るデザイン住宅が「あなたの家」を実現します。

木の温もりの新築デザイン住宅 四季の家工房  
 
 
トップページに戻る
 
完全自由設計の新築/リフォーム
家と住宅のよくあるご質問
 
根太レス工法とはどんな工法ですか?
根太レス工法は剛床工法とも呼ばれます。文字通り、根太を施工せず厚い合板によって床で面を支える工法になります。

根太とは床板の下に渡した横材(床を支える横木)の事を指します。床下地材として床の重量や床が受けた荷重を大引き(1階の床を支える横架材)に伝える役目を持ちます。

根太レス工法は耐震性に優れた床鳴り防止の施工方法です。床鳴りの原因の多くは、根太とフロアの間に隙間(根太の痩せ)が生じるために発生しますが、根太レス工法ではその原因となる根太を 使用しません。梁に直接厚い合板と床材を敷く事で水平剛性を高めると共に、床下からのすきま風の流入をも防ぎます。
 
関連するよくあるご質問
床暖房についてはどのように考えていますか?
耐震性はどうなっていますか?
 
>> よくあるご質問 一覧に戻る
 
 
 
四季の家工房
〒501-2259 岐阜県山県市岩佐189 (地図
TEL:0581-52-1714 FAX:0581-52-1860
info@shikinoie.net